Show by Jun/24/2010

口蹄疫・・・報道されなぃ事実・・・

本来動物達の命を救う為の獣医師達が・・・

悲しみを堪え命を絶つ・・・

何とも胸が張り裂けそうな事実・・・

動物と一緒に暮らしてるからには他人事ではない出来事・・・

私の尊敬する先輩トレーナーのブログからの転記です。





毎日、口蹄疫のニュースが流れています。
宮崎県では本当に大変な事態が起こっていますね。

私たちはこのニュースを見て「大変そうだ」とか「人には感染しないのか~」とか色々考えますが、やはり他人ごとです。

しかし、口蹄疫を調べてみると濃厚接触すれば人にも感染すると言われています。(肉を食べて感染する事はありません。)

殺処分の現場も「悲惨」と言います。
牛は涙を流して嫌がるそうです。ブタはもっと嫌がるそうです。
その情景を見て最前線にいる人は精神的に参ってしまうと言います。

ニュースで養豚場に勤める方のメールがあります。
現状を知ってください。
http://www.47news.jp/47topics/e/159730.php

こんなニュースを見て、ふと「狂犬病がこんな事になったらどうなるんだろう・・・」と思ってしまいました。

現在の日本の狂犬病予防接種率は公表では70%と言われています。
でも、実際の登録頭数と飼育数には倍の開きがあると言われています。実際には35~40%と言われています。

接種率が80%以下になるとその国は危機的な状況にあるとされいます。

そう考えると怖いですね。

犬の狂犬病に関しては、今回の口蹄疫とは法律が違います。

「日本には50年間狂犬病はないから!」「獣医さんが儲かる為に言ってる」という話も聞きます。
でも、すべての哺乳類に感染し致死率は100%というすごい病気です。

もし、口蹄疫の様な広まりがあればどうしますか?

愛犬を守れるのは飼い主さんだけです。
家族の為にもしも・・・と考えてあげるべきだと思います。



May.24(Mon)00:08 | Trackback(0) | Comment(4) | ペット 保育園 ティキティキ | Admin


(1/1page)